ご存知ですか?虫歯になる仕組み

虫歯はどうやってなるの?

虫歯はいったんなると治らない

虫歯はいわゆる虫歯菌が存在することで起こります。 また、口の中には虫歯菌の働きを結果的に助けるような菌もいて、その菌もそれほど珍しい菌でなく、多くの人の口の中に存在します。 この菌がいると必ず虫歯になってしまうのでしょうか? 虫歯はどういった病気なのでしょうか。 もっと読む

虫歯の原因の菌

虫歯になったことはありますか?
なんとなく痛い、かんだ時に違和感があるなど、最初は些細なことですが、進行すると激痛になり、何も食べていなくても痛みを感じるようになってしまいます。

「ごはんを食べたらすぐに歯を磨きなさい」と子供のころから大人に言われた経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
口の中が汚れていることも虫歯の原因にもありますが、他にも原因があります。

歯はみんな同じように見えて、人によって質が違います。
虫歯になりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。
なので、1日1回しか歯磨きをしていなくてもなりにくい人もいますし、食後3回していてもフッ素のスプレーをしっかりしないといけないという人もいます。

食生活にも影響されます。
食後は口の中が酸性になり、歯が解けやすい環境になります。
その食後のタイミングが3回の人とおやつを2回食べる5回の人ならば、5回の人の方が歯が解けやすいですよね。
これが1日ならまだしも、習慣化して何年も経つと虫歯になりやすい状態ですよね。

虫歯になると、歯が解けてしまいます。
歯の再結晶化というのは人間がもっている力ですが、虫歯で削られた歯は元には戻りません。
現在では、インプラントもありますし、詰め物もあります。
しかし、自分の歯に勝る歯はないと、多くの歯医者が言っています。
しかも、一度虫歯になったところはまた虫歯になりやすいので、治療したから大丈夫!ということはなく、これまでの生活習慣や歯磨きの仕方を見直すべきです。

虫歯の進行の仕方

虫歯はできてすぐはそんなに痛みはありません。 なので、例えば親知らずのような鏡で見にくいような所にできても気づいた時にはかなり進行していた、ということもあります。 痛みはいつから出るものなのでしょうか。 どのようにして虫歯は進行していくのでしょうか。 もっと読む

虫歯予防でできること

虫歯はたとえ口の中に菌がいても防ぐことができます。 歯ブラシでの歯磨きを定期的にすることが代表的な方法ですが、他にもできることはあるのでしょうか。 歯は削ったり、抜いたりすると、2度と元には戻りません。 今ある歯を健康に保てる方法について、虫歯もこれ以上進行しないような方法について、まとめました。 もっと読む